今風のも描いた

描いたけどやっぱりリンクのはり方がわからない… イメージとしては透明感があって明暗の差が少ないグラデーションを多用している感じ。 北斗の拳でもこれに近い目の描き方があるけど、当時は線の量で表現していた物が、デジタルならグラデーション付きのスクリーントーンが使えるから、より滑らかな感じになっている。 顔の影も付けないか少なめ。 睫毛のラインは太めだけどあまりピンピン毛を立てない。 目の縦長もピークを過ぎて、丸に近づいてくる。 今風と言っても色々あるし、イラストと漫画とアニメでは違う。 ただ最近はラノベのアニメ化やコミカライズが多いから、ラノベのイラストが基本になっている感じ........全文を読む
posted by unaunagi at 2013/02/17 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル>イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今風じゃない絵

昔の絵が昔の絵だねーって言われるのは当然。昔描いてるんだから。 ところが最近絵を描き始めた人が最近描いた絵でも、昔風の絵だね…と言われることがある。 具体的にどこがというのは説明が難しいけど、当てずっぽうに言ってるわけでもなく、たしかにそういう印象を受けることがある。 それどころか自分が描いて絵も、一体いつの時代の絵だこりゃ…と思うことすらある。 つい先月にもそういうことがあった。 古いというのは一概に悪いことではないんだけど、何故そう見えるかは考えておかないといけない。逆に知らない間に新しくなってしまうという可能性だってある。 漫画の絵でも、最初の方はキャラや絵柄が定まら........全文を読む
posted by unaunagi at 2013/02/17 04:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル>イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーリーの開始点

話もキャラクターも決っているのに、どこから始めたらいいものか…ということがある。 人類の歴史というのは途切れる事なく流れていて、どこが始まりとも言えないから、適当なところから切り出して書き始めるしかない。 なんとかわかるとこまで遡ってから神話に接続したり、どこかの王朝の興亡を描いたり、特定の個人の一生という形で書く場合もある。 創作でも似たようなもので、設定を突き詰めていくと、その世界に住む人たちの話というのはどこまでもさかのぼれるし、逆に時間をいくらでも先に進めていく事が出来る。 ゲームや4コマ漫画だと、あまり考えずにふわっと始める事もできるけど、ストーリー重視の話でそれをやると........全文を読む
posted by unaunagi at 2013/02/13 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キューティクル探偵因幡がおもしろい

女性向けアニメかな…と思ってあまり期待していなかったけど、実は良質なギャグアニメ。 原作はGファンタジーということだから、少女漫画なのか微妙だけど、元々女性向けの傾向は強いと思う。 ただ昨日書いたような身長トラブルはないし、絵柄としてもそんなに乙女チックにはなっていない。 そしてヤギがかわいい。 世間でもさぞや高評価であろー…と思っていたけど、どうも男に敬遠されたままという傾向が。 主人の因幡洋や荻野のキャラデザが完全に女性向けだから、第一印象として厳しいのかもしれない。 他のキャラもトータルで見るとそんなに違和感はないんだけど。ヤギがかわいい。 BLや男の娘ネタもあ........全文を読む
posted by unaunagi at 2013/02/12 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味>漫画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身長はモテる条件に入っている

昨日の話の逆パターンで、女の子の方がやりやすいのが、めちゃくちゃ身長高い男を描くこと。 まず基本として、大多数の女の子が考えるイケメンの条件として、身長というのが含まれているということ。 昔はよく三高(高学歴・高収入・高身長)というのが結婚の条件みたいに言われていて、最近ではそれは聞かなくなったけど、別に身長がどうでもよくなったわけじゃない。 大学に送り込んであるスパイからの報告によると、女子大生の考える彼氏の身長は170センチ以上が最低条件だったとのこと。 全国平均が171ぐらいだからめちゃくちゃな要求ラインではないし、数字も他の要素や好みで上下するだろうけど、身長というのが........全文を読む
posted by unaunagi at 2013/02/11 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。