東の方の2

toho.gif

1方向+アニメ無しという貧弱仕様だけど、とりあえず素材は出来た。
問題は規約と説明をどうやって描くか。
自分が東方二次創作やるなら話は簡単だけど、別の人が素材を使うとなると、なかなかめんどくさい事になるような気がする。

東方の二次創作は一見フリーダムに見えるけど、色々と細かいところに注意点があって、Rmakeだけに限定しても引っかかりそうなのがいくつかある。
一体どうしたものか。

ドット絵自体はシンプルで、いっそのこと3色まで減らしてファミコン風というのも考えたけど、ファミコン風東方っていっぱいあるので、中途半端な色数に。

左右反転させるとちょこちょこ動いてるように見える仕掛け。
左右非対称なところは強調しないようにしたり、反対側を暗い色にしたりして、なんとなくそう見えるように。
こうしとけばキャラの追加や改変が簡単に出来るんじゃないかと。
でもこの方法だと、パチュリーみたいな左右非対称のデザインが扱いにくい。
アニメも完全に捨てた方がいいのかも。


4houkou.PNG

データの削減ということではこういう方法もあります。
クォータービューっぽい感じで、2パターン分を左右反転して4パターン。
上下左右でやる時より1方向分少ないデータで作れます。
Rmakeの様なマウス移動の場合は通常の4方向よりしっくりくる事もあります。
ただ普通の4方向でやると移動角度と絵が合わない事が多いので、専用のアニメ処理が必要です。
後は特定の場所に固定するタイプの場合は、背景もクォータービューじゃないと変。
まっすぐの玉座に斜めに座るとかは変なので。

posted by unaunagi at 2010/02/10 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル>ドット絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140774628
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。