なんでFirefoxが日本で普及しないのか?

という話を最近各地で見かけたので、少し考えてみました。

…考えた結果、普及しないのが当たり前だと思います。
それなりに便利にだし今のPCなら速度も全然問題ないのですが、とにかくメンテナンスが面倒です。
いろんな拡張があってそれぞれ独立しているので、インストールもアップデートもバラバラ。
そして英語。
私の英語力は相当にひどいのですが、パソコン語というか、慣れればカンでなんとかなるものです。
ただ英語(アルファベット)まみれのページを見ただけでひいちゃう人は多くて、先日紹介した拡張のほとんどは英語ページに最新版があります。
そこまでして入れるほど便利で安全かというと、そうでもなく…むしろ見られないページがあったりして不便なぐらいです。
さすがに素のIEではちょっと扱いづらいという人には、スレイプニルあたりを薦めることにしています。

公式サイトはあれで十分だと思うのですが、主な拡張を最初から入れて公式のヘルプにもちゃんと書いておく、といった事でだいぶ普及率は上がると思います。
IETabも入れておけば、見られないときはココをクリックしてといえばいいし、Gyao等見られないページも最初から対象に設定しておけばさらに便利です。

一応普及のために、なぜ自分がFirefoxを使っているかという理由を書いてみます。

1・Firefoxの方が標準規格に近い表示だから(現実的にはIEが標準です)
2・あまり普及率の高いものは嫌いだから(Firefoxが普及したらOperaにでも…)
3・ライブブックマークでニュースサイトの巡回が楽
4・翻訳パネルで簡単に英単語が調べられる(ローマ字の変数が少なくなりました)
5・サイトごとのアイコンが表示される(最近はIEコンポーネントのでも出るみたい)
6・世界中で開発されているので、新しい技術が早く導入される

多分2が主な理由です。
それとどうも個性が出るブラウザらしくて、Firefoxを使っているはずの某氏が見ても、これがブラウザなのかどうか判断に苦しむという事がありました。
ナンバーワンよりオンリーワンという人に良いのかもしれません。


うっかりしていて、加地さんのスーパーゴールを見逃してしまいましたがく〜(落胆した顔)
明日のやべっちFCで映像見られると思うけど…
posted by unaunagi at 2006/03/05 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル>インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。