残るボトルネックはどこなんだろう

ようやくソフトの再インストールや保存場所の再編成などが一段落。
Flashの起動がめちゃくちゃ速くなってる。
Javaもすっと立ち上がるから気軽に使えるようになった。

ただ一部のゲームではまだ起動時にちょっと遅い感じがする。
FF14のベンチマークを全部RAMDISKに置いてもそうなったから、ディスクアクセスだけの問題でもなさそう。
メモリ自体の速度の問題か、あるいはグラフィックカードの転送速度の問題なのか。
データの伸長処理で引っかかってるならCPUがネックになってる可能性もある。

DirectX11対応ゲームが増えれば頂点データは減らせると思うけど、どう考えても対応してないゲームの方が多い。
CPUもヘキサコアのやつが欲しいけど、対応してないゲームでは周波数が若干落ちる分だけ遅くなる。
最近は単純に新しくて高いのを買っても良くなるとは限らないので難しい。
posted by unaunagi at 2010/10/08 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム>PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。