うなうなぎ3D

拍手コーナーで人気のうなうなぎを3Dでつくり、出来ればPoserで動かせるようにしようというのが今日の趣旨です。
うなうなぎ、が何かと聞かれてもひとことで説明するのは難しいので、あざらしのぬいぐるみのような物だと考えてください。

四角うな

まずメタセコイアでそれっぽい形を作ります。
後でまるくするので、この段階では角ばったままにしておきます。
poserで使用できるようにグループ分けして保存。

ちょっとまるいうな

宝の持ち腐れと噂のZBrushを使ってモニャモニャと形を作っていきます。
最初は良くポリゴンがグシャっとなって失敗していたのですが、最近モデリング用のブラシの使い方が分かってきました。
最初の大まかの形作りにはInflatが良いという話を聞いたのですが、何故かポリゴンがぐしゃっとなってしまうことが多々ありました。
早く気づけばUndoできるのですが、そうでないと修復不能になる場合もあります。
なぜそうなるのかを解説したのが下の図です。

ブラシの用法容量

Inflatはブラシをどこから当てても、それぞれの面が向いてる方向に進みます。
法線方向に〜というのと同じ意味です。
形を維持して自然に変形するので、全体を膨らませたりするのに向いています。
ところが、ちょっとへこんでるところをInflatブラシで盛り上げようとすると、図の様に面が行っていけない方向にいって他の面を突き抜けてしまいます。
結果、ぐしゃっとしてしまうわけです。
これがでっぱったところならあまり問題にならないのですが、ALTキーで逆に作用させた場合はやっぱりぐしゃっとなります。

Standardブラシは、自分が見ている方向に持ち上げるブラシです。
なので穴を上から見た状態でゴリゴリとやれば、まっすぐ面があがってきます。
最初の段階でこっちを使うといびつな形になりやすいのですが、慣れるまではこっちを使う方が安全そうな気がします。

ごわごわのうなうなぎ

で出来上がったのがこれです。
ファイバーマテリアルを使って遊ぼうと思ったのですが、綺麗でふさふさの毛にならなかったのでやめました。
目と口はポリゴンモデリングではなく、キャンバスに焼き付けた後に3Dブラシで盛り上げています。

Poserに持っていくのは、結論から言えばやめました。
なんかグループ分けしたのがZBrushに持っていくと名前が変わってしまったり、あと元のローポリモデルの状態からディスプレイスメントマップだけで丸さを表現してみようなどと思っていたのですが、想像以上に面倒でした。
くねくね動かそうなどと思わなければ、普通に読み込んで表示するだけなので問題ないのですが、それだとPoserって感じがしないので。

あとPoserのフィギュア作成機能はヘボすぎ。
6でも大して変わってないようだし、DAZ|STUDIOだけじゃキャラの作成が出来ないというのがつらいところです。
7は多段Undoが付くということでそれだけでもだいぶ違うのですが、やっぱりまともなインターフェースが欲しい…
posted by unaunagi at 2006/10/29 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル>三次元 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。