デザインドール

http://terawell.net/

doll1

新しい3Dデッサン人形ソフトが出たと聞いて、体験中。

ポーズの付け方にちょっと癖があって、ボーンの数は結構あるのに、そのわりに自由にが動かせるポイントは極端に少ない。

頭・腰・手首・足首をそれぞれ適当な位置に持って行って、肘とか膝とかの中間は自動的に決まっていく。腰と足首の感覚が短いと足を折り曲げるし、足首を離すとピンと伸ばすから、それぞれ適切な曲がり具合になる。

腰と足首の位置関係が同じでも横にしたり縦にしたりは出来るので、同じ曲がり具合の範囲でぐるっと回転させて調整出来る。でも膝をドラッグして足を振り上げるような事は出来ない。あくまで角度調整。

最初に使った時はこのへんの感覚が全然わからなかったけど、チュートリアル動画をよく見てからやってみると簡単に扱えるようになった。考えてみれば肘や膝はだいたいそれらしい位置にあればよくて、自由に動く箇所が最低限なことでかえって重要な部分に集中できている感じ。

マニピュレーターもしっかり作ってあって、X軸とY軸だけを動かす時に、知らないうちにZ軸が動いたりはしない。

doll2

他のソフトだと既存ポーズの流用をしないと作るのがめんどくさかった、座ったりや寝たりのポーズもらくらく。ポーズ共有用のサイトも製作中みたいだけど、別になくても十分使える。

他に優れている点として、モーフィングやスケールの設定でフィギュアのカスタマイズが出来ること。デフォルメしたものや筋肉質のもの、妊婦体型なんかもある。そして大きさを調整して頭身変更も出来る。このへんはPoser系に近い。

不足している点としては、手足の指が固定なこと。対応予定には入っているけど、現状では指にボーンがなくて腕のモーフィングと連動しているだけで、手を握ったりピースしたりは出来ない。

今まで色んな3D系ソフトをデッサン人形のかわりにならないかと試してきたけど、これが一番使いやすいと思う。ただ普通に使うとよくわからないままアンインストールしそうなので、公式サイトや下記の動画を参考するのがおすすめ。

【デザインドール】使って描いてみた! ‐ ニコニコ動画(原宿)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17370125


posted by unaunagi at 2012/05/18 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル>イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。