期間限定でお得なバージョンアップ価格

どうしようかとさんざん悩んだものの、開けないファイルが増えて仕事に差し障りが出てきたので、Flash CS6を買ってしまった。

なんか色々新機能があるみたいだけど、仕事はほとんどFlashLite1.1だから、そのバージョンでは使えませんって機能が多い。折角だから色々フルに使ったやつも作ってみたい。もったいないから。

今買った一番の理由は、CS3からのアップグレードが可能なのが今年いっぱいだから。どうせ今年買うなら早く買って使った方が得。という風に思わせる。なかなか戦略的。

似たような手法で、発売前に予約すると安いという販売方法もあるけど、これは誰かが使った体験談とかも聞けないから、相当勇敢な人しか買えない。その後値段上がると損した気がして余計買いにくくなる。そう考えると発売からある程度の期間は取った方がいいんだと思う。

今年もう1個バージョンアップするかどうか悩んでいるのがWindows。

今までのウィンドウズはアップグレードでも1万とか2万とかするので、パソコンやパーツを買う時にOEM版をセットで買う方が安上がりで、今までアップグレード版で買ったのはWindows2000の時だけ。今のWindows7もSSDとセットで買った物。

今回もどうせそんなんだろうから、その次ぐらいの時にOEM版を買おうと思ってたんだけど、今回39.99ドルという従来ではなかったお値段で、しかもXP以降は対象にするという話。期間限定で。折角だから買っておくかという気に…。

リビングに置いてあるのはまだXP機のままだから、サポート切れるバージョンアップをしときたいというのもある。

うちで使う事より、全体の底上げが出来るということの方が朗報かもしれない。今はXP以上(IE6以上)で動作するというのが最低ラインになってるけど、それをWindows7以降とかに出来て、DirectXも新しいのが使えるようになる…かもしれない。少なくともそういう意図でのアップグレード価格だと思う。

ただ問題なのは8がいいかどうか。Windows Storeには魅力を感じるけど、メトロデザインとの切り替えがなじまないと、WindowsMeの二の舞になるような気配も…。

posted by unaunagi at 2012/07/11 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル>Flash | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。