フリーセルが入ってないよ

という苦情がきた。

調べてみるとWindows8用はWindowsストアからダウンロード出来るという。

でもそうするとゲームを起動するとメトロ画面になってしまい、ゲームを終了すると折角スキップさせているスタート画面が出てきてしまう。そもそもフリーセルを無事終了できるかも疑わしい。

ということで色々探してみた結果、フリーセル1000というソフトが良さそうなので入れておいた。これで一安心。

でもストア版のフリーセルの方が、カードの大きさという部分ではいいかもしれない。Windows標準のもだけど、解像度とゲーム画面の大きさが合ってない。文字サイズはWindowsの設定で大きく出来るけど、ゲーム内の表示を大きくするのは難しい。スケーリングすると別のソフトが上手く動かなくなったりする。フリーセルに限った事じゃないけど。

拡大鏡も微妙に需要と違う。特定のウィンドウだけを拡大して表示したい。そういうソフトがないか調べてみたけど、DirectXをウィンドウ全体に貼り付けてるタイプのみ有効とかで、汎用的に使えそうなのは無かった。ゲーム自体にそういう機能がついてないと厳しい。

むしろそういう方法探すより自分でカード大きいフリーセルを作った方が早そうな感じがする。携帯Flashでクロンダイク作った時は容量とか速度とかで大変だったけど、Windows用で、生成番号の互換性も無視すればそんなに難しいことはなさそう。

あとはGoogleIMEの変換候補をマウス選択出来なくなってるというのが残ってるけど、これはどうもソフト側の不具合みたいでどうにもならない。まだ出たばっかりのOSだから、7用のプログラムがそのまま動く場合はいいけど、そうでない場合の対応はもう少しかかりそう。

それ以外はおおむね、セキュリティ強化版のXPとして普通に使えている様子。動作もXPより軽快になっている感じだし。

posted by unaunagi at 2012/12/20 03:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム>PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。