坂道のアポロンって少女漫画じゃないの?

と聞かれてしばらく考えた結果、少女漫画の棚に置いてあるので、これは少女漫画であるという結論に至った。
もしじゃなかったら、編集者の人が掲載しないか別の編集部に回すはず。

ただ実際少女漫画だから女の子しか読まないわけではないし、少年漫画を読む女子も居る。というか、ほぼ女子しか読んでないと思われる少年漫画もある。

作者の性別も判断材料にできない。手塚治虫や横山光輝も少女漫画を書いているし、高橋留美子も少年漫画をいくつも書いて、それぞれそのカテゴリに大きな影響を残している。

坂道のアポロンに関しては、先にアニメを見たから少女漫画という意識はあんまりなかった。
それでも少女漫画っぽい気配というのはやっぱりある。表情がふわっとしていたり、千太郎や淳兄の心が繊細だったり、恋愛のもつれ方が複雑だったり。

もし仮にジャンプに載せるとすると、まず淳兄はいなかった事にして、代わりに主人公に惚れるヒロインを2、3人増員。ちょっと心揺さぶられながら、それでも結局律子一筋で…という流れに。
千太郎には恋愛無し、もしくは主人公から見て射程外の相手とくっつける。
薫の髪型はもっとラフな感じにして、身長も低めに調整。
最終的には何かのコンクールを目指してライバルと戦ったりすると、面白いかどうかはともかくジャンプに載っててもおかしくはなくなる。

ただおかしいというのが悪いこととも限らない。
最近は少年漫画っぽくないのが少年漫画雑誌に載るようになってきている。
ジャンプには女性向けの少年漫画が、マガジンには少年漫画のような絵柄の少女漫画が、それぞれ増えてきてる。
やりすぎると読者の心が折れるけど、上手く行けばマンネリを打破するスパイスになる。ヒット作は大抵男女両方に受けいれられる要素を持ってて、ギリギリ拒絶反応が出ない程度に上手くコントロールされてる。

最近はなんでもアニメ化するから、相互の垣根はだいぶ低くなっていると思う。買う前に内容を確認できるし、ピンクの表紙がずらっと並んだゾーンに入る必要もない。
逆に男にしか人気がない少女漫画というのも出てくるかもしれない。

でもそうすると、結局少女漫画とは何なのか。
デジタル化でゲームと漫画とラノベの区別さえ曖昧になってるのに、数量化しにくい内容についてはなおさらわからない。
ひょっとすると元々そんな物なかったのかも。
posted by unaunagi at 2013/01/28 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。