今風のも描いた

描いたけどやっぱりリンクのはり方がわからない…

イメージとしては透明感があって明暗の差が少ないグラデーションを多用している感じ。
北斗の拳でもこれに近い目の描き方があるけど、当時は線の量で表現していた物が、デジタルならグラデーション付きのスクリーントーンが使えるから、より滑らかな感じになっている。
顔の影も付けないか少なめ。
睫毛のラインは太めだけどあまりピンピン毛を立てない。
目の縦長もピークを過ぎて、丸に近づいてくる。

今風と言っても色々あるし、イラストと漫画とアニメでは違う。
ただ最近はラノベのアニメ化やコミカライズが多いから、ラノベのイラストが基本になっている感じはある。
もっと光と影にたくさん色を使ってても今風に見える絵はある。
ただそういう場合でも白とか原色とかはあまり使ってない感じ。

ついでにドラゴンボール風のイメージでも描いた。
ツンツンの髪型とか、ハチマキ+マントの冒険者ファッションとか、80年〜90年ぐらいはこんなだったという印象。
あくまで印象の話で、実際は少女漫画と少年漫画でも流行のタイミングは違うし、他にもコロコロ風とボンボン風とかいった違いもあるんだけど。

エヴァの後は包帯少女やプラグスーツっぽいのが流行ったし、FF7の時は大剣ばかりだったし、個々のパーツにも流行り廃りがある。
ちょっと前に前髪のところを交差させるのが流行ったけど、もう流行は過ぎたような感じだし、今風と言われた時点で若干古くなってるような気もする。
現実世界とも連動してるから、学生は携帯電話持ってたり、腕時計をしなくなったりという違いもある。
登場人物の私服のセンスも違うし、現実にも今風の顔と昔風の顔というのがある。眉毛を細く整えたり。

色々考えては見たものの、今風の絵というのがそんなに好きでもないので、多少新しい塗り方を取り入れてる部分はあるけど、逆にもっと古くなるよう努力した方が良さそうな気がする。

どうしても古いと言われるのが耐えられない場合は、ラノベの表紙を片っ端から見て回るのがいいんじゃないかと思う。上手い下手は色々だけど全体として今風な感じを醸し出してる。
逆にちょっと下手ぐらいの方が流行はわかりやすい。それでもラノベの表紙が描けるというのが今風だという証拠みたいなものだから。
posted by unaunagi at 2013/02/17 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル>イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。