はたらく魔王さま

勇者と魔王が出てくるアニメというのが最近やたら多くて、だからといってファンタジー物とも何か違う、魔王物(勇者物)というべきアニメが、常に1本ぐらいは放送されている状態。
いくらなんでも多すぎだろうと食傷気味だけど、その中で面白いと思ったのが「はたらく魔王さま」

タイトル通り魔王が主人公で、わりとありきたりな感じで現代日本に現れるものの、なんとこの魔王、学校に通わない。
魔王は学校に通うという常識を根底から打ち破り、自分で部屋を借りてバイトで生計をたてている。
勇者も同様に、というか勇者は年齢的に高校に通ってもいいはずだけど、年を誤魔化してまで働いている。
アニメ全般に働いたら負けという空気がある。
その仕事自体が夢だったとか、家業の関係でそうなったとかはいくつかあるけど、生活のため労働を始めるケースはあまり見かけない。
学生が主人公が多いというのもあるけど、そもそも何故学生の主人公が多いのかという、その理由の1つが働く話にしたくないからじゃないかと思う。

魔王と勇者のラブコメは魔王物のセオリーだけど、魔王が女性ではなく男性というのも斬新な所。
魔王が老人というイメージを逆手にとってイケメンにし、逆にむしろ可愛い女の子にしたらいいんじゃないかとなり、後は胸が大きいかそうでもないかを決めるだけ…というところを逆に男にしてしまうという、2重3重に発想の転換がある。

そしてガルパン同様に色々なところが細かい。
まず働く前の段階で、戸籍や住民票を作成した上で住居を探している。
そして女性陣だけでなく男性陣まで服が細かくセッティングされていて、TPOに合わせて着用している。
シーンごとに表情ゆたかで、ひきつった笑顔で魔王に頼み事をする勇者など萌えポイントも抑えてある。

性格設定とシナリオの間にも無理を感じない。
魔王の鈍感さや乙女心を粉砕する言動も常識の範囲内。一体どうしてこういう脚本にしたんだとか無用の事を考えずに話に集中できる。
多少気になるのは、勇者が背負ってきたきた物を考えると魔王への対応がヌルい気はする。
今後のストーリーでフォローされるのかどうかわからないけど。

ラノベ原作で魔王ってタイトルに入ってる時点で、もう見るのやめとこうかと思ったけど、念のため見ておいて正解だったという作品。
posted by unaunagi at 2013/05/20 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味>漫画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。