ツイッター始めるかもしれない

https://twitter.com/unaunagi1

 ツイッター。
 時々人のツイートは見てたし、アカウントも作ってあったんだけど、全然使ってなかった。
 フォローも何も全くしてないただ作っただけのアカウント。

 見るだけならそれで問題はなかったんだけど、先日返信したい用事が出来たて、ツイッターの話はツイッターで返信した方がいいのかなと思い、色々整備してアカウントを使える状態にしてみた。
 
 使える状態にはなったんだけど、どう使っていいかよくわからないという問題が残ってる。
 ただツイッターには文字数制限があるわけで、短い文章で済む物、長々と書きたくないものが向いてるんだろうとは思う。
 ブログとして書くとなると、どうしても起承転結の整った文章を書きたいので、どうしても腰が重たくなる。
 
 とりあえず、そのうち書こうと思ったもの等を分類して考える。

 ブログに向いてそうなもの
  ・夏休みにニコニコ動画でやってたアニメの一挙放送の感想文
  ・艦これのシステムについての研究
  ・日本であまり使われてないプログラム言語やライブラリの使用法

 ブログに向いてなさそうなもの
  (A)1つの記事として書くには短い
   ・毎週やってるアニメの感想
   ・ゲーム中の出来事
   ・図書館で借りてきた本の感想
  (B)検索に引っかかるのが嫌なもの
   ・日本であまり使われていないプログラムやツールの使用法がわからない話
   ・ちょっと使ったみたけどイマイチだった物の話
  (C)その他
   ・ブログ等の更新情報
   ・よいこのおともだちには見せられない話 このうち向いてないA群については、ツイッターに書いてみるのもいいかなと思っている。
 個々の文量が少ないから、ブログとなるとある程度まとまってからでないと書きにくい。そうこうするうちに忘れる。
 それを読みたい人は…あまりいないような気がするけど、なんとなく書きたい年頃になることもある。

 B群は情報価値が低いというか、ネット全体での情報価値を下げてしまうから書きにくい。
 特にネット上の情報量が少ない場合が問題。
 調べ物をしていて、自分のブログの、しかもこれといった収穫のない記事が出てきて、なんだかとっても壁を殴りたくなることがある。
 ただまあブロック指定も出来るし、情報が極限までゼロに近いと、(日本語で)使ったという話を見ただけで安心する事もあるので、無意味とまでは言えない。
 さらっと流せるツイッターならそういうのもありかもしれないと思う。 

 更新情報についてはあった方がいいのかどうなのか、seesaaブログには連動機能が付いてるみたいなんだけど、要るのか要らないのかよくわからないところがある。
 大規模な変更や、RSS非対応の更新、コメント欄のないページについての話にはいいと思うんだけど、普通の記事を書いた場合の話。
 自分では普段RSSを主体に使ってるから内容が重複するけど、例えばツイッターメインで見てる人はそっちに統一出来て便利なのかもしれない。
 ブログとツイートそれぞれの頻度も関係してくるので、色々とやってみないとわからない。
 
 年齢制限付きの話は、基本的には書かない事にしてるけど、話の流れで必要な場合は触れることもある。その範囲がどのへんまでOKなのか、ツイッターの感覚がよくわからない。
 
 あとそういう話をよくする人をフォローする場合も問題がある。
 誰をフォローしてるかというのが相手だけでなく第三者にモロバレだから。考えなしにフォローしていくと、うっかりフォローリストを見た人がドン引きする可能性が高い。
 かといってプログラムやイラストの面でフォローしておきたい人もいるわけで、このへんの線引は難しい。
 どういう風に線を引いても無理そうな領域になると、別アカウントでも作るしかないんだろうけど、それもなんだか面倒な話。

 と、色々考えてたんだけど、よく考えたら当初の目的であったツイートへの返信をしてないなあ…
posted by unaunagi at 2013/09/05 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル>インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。